子供の歯並び相談室お子さんの歯並びをサポートする!いとう歯科クリニック運営

月火水木金土日09:30-12:3014:30-19:30

▲…土曜の午後は14:00-17:00の診療となります
受付は診療時間の30分前までにお済ませください

ご予約・お問い合わせはこちらまで!045-439-6110 【診療時間】9:30-19:00【休診日】水曜・日曜・祝日

気になる歯並びはどれですか?

ここでは、様々な症状を実際にお見せしながら、どのような治療を当院で行ったのか、ご紹介いたします。治療をお考えの方は、参考にご覧になって下さい。

前歯が出ている

上顎前突、いわゆる出っ歯の症状です。横から見た際に、上の前歯が下の歯に比べて極端に前に出ている状態をいいます。遺伝が原因の場合や、長期的な指や舌の癖、鼻疾患でも発症することがあります。前歯に外傷を受けやすいというリスクもあります。外見上、目立ってしまうため、治療を行うことで、各種機能と審美的な改善も期待できます。

上下逆の噛み合わせ

反対咬合、いわゆる受け口の症状です。遺伝や鼻疾患から生ずる場合もありますが、歯の生え変わりが適切になされないことで発生することもあります。発音に影響が及んだり、顎関節に負担がかかったりすることがあります。成長期に放置することにより、治療が難しくなる場合もあるため、なるべく早期に治療を開始することをお勧めいたします。

歯がガタガタ

叢生の症状です。歯並びが前後にずれて、でこぼこになっています。生えるスペースが不足すると発生します。その原因は遺伝の場合や適切に永久歯に生え変わらなかったことが考えられます。奥歯の噛み合わせに問題がない場合、咀嚼には困らないため、放置してしまうことが多くあります。しかし、矯正治療をすることで前歯のケアがしやすくなり、より長い歯の寿命が期待できるようになります。

隙間が空いている

空隙歯列(くうげきしれつ)や歯間離開歯(しかんりかいし)、いわゆる隙っ歯の症状です。歯と歯の間に自然に隙間が空いてしまっている状態です。遺伝の他、頬杖などの習慣によって発症することもあります。食べ物が挟まってむし歯になりやすいため、メインテナンスの面でもデメリットがあります。矯正を行うことで、見た目も改善されます。

口を閉じているのに歯が閉まらない

開咬の症状です。上下の歯が咬まずに開いている咬み合わせのことで、一般的には前歯に起こる場合がほとんどです。原因として考えられることは遺伝や舌・指を使った癖などです。咀嚼や発音に問題が起こることがあります。特に噛むときは顎関節に負担がかかっていることがあります。治療をすることで、咀嚼や発音に改善が期待できます。

子供の歯並び相談室 お電話でのご予約 お問い合わせ tel.045-439-6110

【診療時間】09:30~12:30 14:30~19:00 ※土曜は14時〜17時まで
【休診日】水曜・日曜・祝日
受付は診療時間の30分前までにお済ませください

いとう歯科クリニック

〒222-0032 神奈川県横浜市港北区大豆戸町212-1 ラ・グランデ菊名1F 102

無料!矯正歯科相談矯正歯科はこちら

医院情報 ABOUT いとう歯科クリニック

いとう歯科クリニック
〒222-0032
神奈川県横浜市港北区大豆戸町212-1
ラ・グランデ菊名1F 102
TEL 045-439-6110

子供の歯並び相談室お子さんの歯並びをサポートする!いとう歯科クリニック運営

【休診日】 水曜・日曜・祝日
※ 土曜日の午後は14:00-17:00の診療となります。
受付は診療時間の 30分前までにお済ませください

Copyright © ITO DENTAL CLINIC All Rights Reserved.

▲…土曜の午後は14:00-17:00の診療となります受付は診療時間の30分前までにお済ませください WEB予約